今話題のICBウォレットやWoToken、プラストークンについて徹底解説!!

InfoPost

プレバト

プレバト新企画!和紙ちぎり絵の先生は辻井華洲さん

投稿日:

プレバト新企画【和紙ちぎり絵】才能査定ランキング

2018年6月14日(木)からスタートするプレバトの新企画【和紙ちぎり絵】についてまとめてみました。

和紙ちぎり絵とは?

色のついた和紙を手でちぎって絵にしていくものを言います。

作り方が簡単に分かる動画があったのでご紹介。


ちゃんと下絵を描いて、それに合わせるカタチで和紙をちぎっていきます。

色ムラのある和紙を使えば、それだけで味わいのある仕上がりになりますね。

 

和紙ちぎり絵作家 辻井華洲先生とは?

プレバトの【和紙ちぎり絵】コーナーで先生を務めるのは

辻井 華洲(つじいかしゅう)さん。

辻が華会の会長さんです。

和紙ちぎり絵教室も開いており、その教室は神奈川県、京都府、兵庫県にあります。

ただ、辻井 華洲さんご自身が指導をなさっているのは京都府兵庫県の教室のみのようです。

( 参考:和紙ちぎり絵【辻が華】公式ホームページ )

教室に行けないかたは、辻井 華洲先生の出している本を購入してみてはいかがでしょうか?

おすすめ

・やさしく楽しい 暮らしのちぎり絵

・やさしいちぎり絵―美しい和紙手芸

・初めて作る和紙ちぎり絵―くわしい基礎と作り方 全作品下絵つき

 

和紙ちぎり絵の魅力

和紙で表現する絵というのは温かみと趣がありますよね。

「和紙ちぎり絵」と聞いたときは、和紙を乱雑にちぎって台紙にちりばめるというような勝手な想像をしてしまいましたが、動画でも分かるとおり繊細で細やかなものです。

和紙の色付け次第で様々な表情の絵が生まれるので、作ってる側も自分の想像通りの絵をつくるのは大変そうですね。

プレバトで紹介されたことによって、この世界に魅せられた人が多く参加してきそうな予感がします。

今回、消しゴムハンコや水彩画等で評価の高いしずちゃん千原ジュニア片岡鶴太郎の参戦が決まっていますが、どのようなものを作ってくるのか楽しみです。

 

 

人気記事

1

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

2

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

3

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

4

ICBウォレットとは? ICBウォレットは2018年11月から中国で流行しだしたアービトラージのお財布です。 月利10%の配当型ウォレットとなっており、ICBウォレットに指定の仮想通貨を入れておくこと ...

5

ICBウォレットでの運用結果を公表! まだ日本に来て間もないICBウォレットですが、中国では2018年11月からICBウォレットが流行りだしています! 今回は、そんなICBウォレットでの運用結果を載せ ...

6

WoTokenウォレットとは? WoTokenは2019年3月4日に日本に初上陸したアービトラージウォレットです。 これまでにアービトラージウォレットではPlus TokenやICBウォレットを当ブロ ...

7

WoTokenの運用実績を公開 2019年3月4日に日本で初公開となったWoTokenですが、まだまだ生まれたばかりのため不安に思う方もいるはずです。 そこで、実際に運用していった結果をここで公開して ...

8

WoTokenとICBウォレット、やるならどっち? 最近、人気急上昇中の「増える仮想通貨ウォレット」ですが、代表的なものとしてはWoToken、ICBウォレット、プラストークンがあります。 この中でも ...

-プレバト

Copyright© InfoPost , 2019 All Rights Reserved.