今話題のICBウォレットやWoToken、プラストークンについて徹底解説!!

InfoPost

ICBウォレット 仮想通貨

ICBウォレットでBSV(BCHSV)の取り扱いがなくなります

投稿日:

ICBウォレットでBSV(BCHSV)の取り扱いが中止

ICBウォレットでは、2019年6月1日からBSVの取り扱いがなくなるとのアナウンスがありました。

これについては仕方ないですね。

これまでにBSVについては様々な問題が起きていて、2019年4月にCZ氏がバイナンスでのBSVの取り扱いを中止したことを皮切りに、多くの取引所でもBSVの取り扱いがなくなっていきました。

ICBウォレットではアービトラージで利益を上げているため、多くの大手取引所でBSVの取り扱いがなくなってしまうと利益を得ることができません。

これでは配当の原資を得ることができないので、やむを得ない判断だったのでしょう。

BCHABCについては今後も問題なく運用できますが、BSVについてはここで終了となります。

 

ICBウォレットでBSVを運用していたユーザーはどうなるの?

既存のBSV運用ユーザーに対してはBSVの代わりにUSDTで資金が返却されます。

すなわち、運営が手持ちのBSVを売却してUSDTに換え、それをユーザーに返金するという流れです。

「何故、BSVで返金しないの?」

と疑問に思うかたも中にはいると思いますので、私の見解を述べたいと思います。

まず結論から言ってしまうと、「取り扱わない通貨を預かっていても仕方ないから」だと思います。

「BSVの取り扱いを中止しますのでBSVの解約手続きをして下さい」とアナウンスしても、そのアナウンスを見逃したりBSVの解約手続きを行わないユーザーは必ずいます。

そうなると困ってしまうため、なかば強制的にUSDTでの返金をするわけです。

そうすることによって、運営側のタイミングでBSVの項目をICBウォレットから削除することができます。

少し事例は違いますが、コインチェックやビットポイントジャパンでもBSVについてはユーザーには配布せず、BSVを運営が売却して日本円での交付となりましたね。

 

ICBウォレットで資金を増やしていこう

ICBウォレットは当ブログで一番推しているウォレットです。

ICBウォレットの未来には期待が持てますし、香港のFinwise Summit 2019にも運営が招待されました。

これから伸びていくICBウォレットを活用して資金を増やしていきましょう!

ご登録やキャッシュバック等の特典は、以下の記事でご確認ください。

参考ICBウォレットとは?

 

 

人気記事

1

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

2

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

3

ICBウォレットとは? ICBウォレットは2018年11月から中国で流行しだしたアービトラージのお財布です。 月利10%の配当型ウォレットとなっており、ICBウォレットに指定の仮想通貨を入れておくこと ...

4

ICBウォレットでの運用結果を公表! まだ日本に来て間もないICBウォレットですが、中国では2018年11月からICBウォレットが流行りだしています! 今回は、そんなICBウォレットでの運用結果を載せ ...

-ICBウォレット, 仮想通貨

Copyright© InfoPost , 2019 All Rights Reserved.