今話題のICBウォレットやWoToken、プラストークンについて徹底解説!!

InfoPost

ICBウォレット 仮想通貨

ICBウォレットでの入金時の注意事項

更新日:

ICBウォレットでの入金について

ICBウォレットでは、入金する際にトランザクションID画像の提出が必要になります(2019年4月には要らなくなります)。

トランザクションIDというのは、実際に送金したという証拠となるIDのことで、このトランザクションIDのスクリーンショットを運営に送ることで入金が反映されます。

ここではコインチェックの画面を元にして具体的に説明しますね。

まず、リップルをICBウォレットに送金します。

そうすると送金履歴のところに履歴が残るので、それをクリックします。

すると、具体的な送金情報が表示されます。

ここの【TX ID】というのがトランザクションIDです。

この画面をスクリーンショットで保存して、その画像を運営に送る必要があります。

何故、このトランザクションIDを送る必要があるのかというと、ICBウォレットでは入金先が他の人と同じだからです。

例えばリップルなら、運営側が用意した1つのリップル口座に全員が入金する仕組みになっています。

個人個人でアドレスを持つわけではないんです。

そうなると、運営側としては誰が入金してくれたのか区別することができませんよね?

そこで必要となるのがトランザクションIDです。

このトランザクションIDの画像と入金履歴を照合し、運営が手作業で口座に反映させるわけです。

ポイント

2019年6月には各アカウントごとに個別のアドレスが割り当てられます。そのため、このトランザクションIDの提出も2019年6月には要らなくなります。

たまに入金の反映が遅れてるといって心配になる方がいますが、このトランザクションIDが不完全であると反映に時間が掛かったりするので注意しましょう。

あと、REVOLLETからのご入金は禁止です。着金しない場合があります。

スクリーンショットで撮ったトランザクションIDが中途半端なところで途切れてるような場合は、そのトランザクションIDを全てコピーして注釈のところにも入力(貼り付け)して下さい。

最近は、このトランザクションIDが不完全で入金の反映が遅れてるといった声が多く、またそれ以外の理由でも反映が遅れるなどして不安になる方が出てきています。

そのときは当方までご連絡下さい。

当ブログからのご登録者様限定で、口座に反映させます。

ご登録は以下のリンクからお願い致します。

参考ICBウォレット導入手順

ICBウォレットについて知りたいかたはこちらへ。

参考ICBウォレットとは?

 

 

 

人気記事

1

現在、ICBウォレットについて心配なさってる方も多いと思います。 原因、対策、再開時期については以下の通りです。 1.会社の方向(結論) まず、結論から言うと会社は十分な資金力とユーザーを確保していて ...

-ICBウォレット, 仮想通貨

Copyright© InfoPost , 2019 All Rights Reserved.