今話題のICBウォレットやWoToken、プラストークンについて徹底解説!!

InfoPost

ICBウォレット 仮想通貨

ICBウォレットについてよくある質問

更新日:

ICBウォレットについて、よくある質問をまとめてみました。

ICBウォレットを始めてみると、様々な疑問が出てくると思います。

今回は読者から寄せられた質問をもとに回答していきたいと思います。

 

同額投資してるのに、毎日の配当で付与されるICBコイン(ICB token)の数が違う

20万円ぶんのリップルで運用してる人と20万円ぶんのイーサリアムで運用してる人では、毎日の配当で得られるICBコインの数が全く違います。

しかしこの点についてはご安心ください。

「リップルを運用して得られるICBコイン」と「イーサリアムを運用して得られるICBコイン」は同じ価値ではありません。

2019年4月にICBコインの価値が同じになるよう再計算されます。

すなわち、今ICBコインを100枚持っていたとしても、それは仮の枚数です。

再計算のときに20枚になったり1000枚になったりするということですね。

 

ICBウォレットでの運用実績が見たい

ICBウォレットの運用実績は以下の記事に載せてあります。

参考ICBウォレットの運用実績

 

リップルをICBウォレットに送金するときはTagは必要なの?

リップルをICBウォレットに送金するときは、Tagは必要ありません。

ただし、2019年2月28日のアップデートによって必要になるかもしれません。

 

ICBウォレットでは、ウォレット全体での運用額は決まっているの?

ICBウォレットでは、ウォレット全体での運用額に制限があります。

運用額の上限に達してしまった仮想通貨については入金することができません。

しかし、この運用額の枠は毎月リセットされます。

運営曰く、「確実に配当を出せるぶんしか入金を受け付けない」だそうです。

 

ICBコイン(ICB token)の使い道は?

ICBコインは2019年4月にならないと価格が決定しません。

価格が決定していないので使い道も今のところはありません。

2019年6月にICBウォレットの取引所IntercoinXが正式オープンするので、6月からは他の通貨への両替ができるようになります。

また、ICBコインを保持することで嬉しい出来事があるとのことです。

 

ICBウォレットを導入するためのマニュアルはないの?

以下の記事にて、ICBウォレットのマニュアルと登録手順を公開しています。

参考ICBウォレット登録手順

 

ICBウォレットの最小トップアップ額って何?

ICBウォレットに入金しようとすると、以下のような表示がでます。

これはADAで入金するときの画面ですが、この場合、初めてADAを入金するときは最低投資額の30203枚が必要ですが、既にADAを入金していて追加でADAを入れたいときは、この最小トップアップ額の15102枚以上が必要なことを意味しています。

また、ICBウォレット登録時に1,000ドルぶんのXRPを入金し、次にADAでも運用しようとしたときは最低投資額の30203枚が必要なのでご注意下さい。

あくまで1通貨あたり最低1,000ドルです。

 

ICBウォレットで登録したけど、入金が間に合わない場合は?

ICBウォレットは、アカウント開設から着金までを72時間以内に行わないとアカウントが消滅します。

もし、送金したけど着金が間に合わないかもしれないという場合はすぐにお問い合わせからご連絡下さい。

「ICBウォレットでのユーザー名」「トランザクションIDの画像」をご用意いただければ、当ブログからのご登録者に限り対応致します。

 

ICBウォレットを運営する会社は株式会社として実体があるの?

実体は勿論あります。

INTERCOINCAPITALという会社でSilicon Valleyに本社を構え、シンガポールに本部を置いて中国全土に40拠点構えています。

今後の予定も公開されています。

参考ICBウォレットの今後の予定

 

ICBウォレットで運用をやめて出金した場合、付与されたICBコインはどうなるの?

ICBウォレットをやめるとICBコインは消滅してしまいます。

同時にアカウント自体も消滅してしまいます。

 

ICBウォレットで運用中に仮想通貨の価値が下がって1,000ドルを割ってしまったらどうなるの?

ICBウォレットでは最低入金額が1,000ドルぶんの仮想通貨となっています。

しかし運用している仮想通貨の価値が1,000ドルを割ってしまっても運用が止まることはありません。

毎日決まった枚数の配当が入ってきます。

 

ICBウォレットのサイトに虚偽記載があったという記事を読んだんだけどホントのこと?

詳しくは以下の記事にてまとめていますのでご覧ください。

参考ICBウォレットの提携先はホント?

 

出金したアカウントは元に戻せるの?

入金した1,000ドルぶんの仮想通貨を出金してしまうとアカウントは48時間で消滅してしまいます。

受け取った配当だけを出金するのであれば問題ありませんが、入金額を全額引き出した場合は48時間以内に出金額と同額以上を再入金しないとアカウントが消滅するのでご注意下さい。

また、最近は当ブログからのご登録者でない方からのサポート要請が多々ありますが、これらは当ブログからご登録された方のみに行っているサービスです。

もし、別の方のリンクからICBウォレットに登録された方で当方のサポートを必要とする場合は、同じ電話番号で構わないので当方の紹介リンクから違うIDで再登録して下さい。

すなわちアカウントを2つ持つことになります。

ただし、いずれはICBウォレット内で本人確認が行われますので、そのときは2つ持っているアカウントを1つにまとめなければなりません。

このとき資金移動が必要になります。

資金移動の際、運用通貨の出金をしなければならないので、それまでに貯めたICBコインも条件次第では消滅するリスクがあります。

そのため、アカウントを2つ持ち続けるということは極力せずに早めの段階で1つにまとめておくことをお薦めします。

資金移動により追加で入金して下さる場合は、そのぶんについてもキャッシュバックを行いますのでご安心下さい。

アカウントを再登録する際は以下のリンクからお願い致します。

参考ICBウォレット登録手順

 

最小トップアップ額に満たない額で送金したら反映されなかったけど?

ICBウォレットでは1通貨あたり1,000ドルが最低入金額となっています。

ICBウォレットに登録し、最初にXRPで1,000ドルぶん振り込んだあとに追加でXRPを入金したい場合、その最低入金額(最小トップアップ額)は500ドルぶんとなっています。

しかし、まれにこれを無視して最小トップアップ額に満たない額で入金してしまう方がいます。

この場合、ウォレットには反映されませんし、反映されても運用に回すことはできません。

当ブログからご登録された方でこれをやってしまった方はユーザーIDと共にご連絡下さい。

 

 

人気記事

1

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

2

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

3

ICBウォレットとは? ICBウォレットは2018年11月から中国で流行しだしたアービトラージのお財布です。 プラストークン(Plus Token)ウォレットと同様の機能を持っており、ICBウォレット ...

4

ICBウォレットでの運用結果を公表! まだ日本に来て間もないICBウォレットですが、中国では2018年11月からICBウォレットが流行りだしています! 今回は、そんなICBウォレットでの運用結果を載せ ...

5

WoTokenウォレットとは? WoTokenは2019年3月4日に日本に初上陸したアービトラージウォレットです。 これまでにアービトラージウォレットではPlus TokenやICBウォレットを当ブロ ...

6

WoTokenの運用実績を公開 2019年3月4日に日本で初公開となったWoTokenですが、まだまだ生まれたばかりのため不安に思う方もいるはずです。 そこで、実際に運用していった結果をここで公開して ...

7

WoTokenとICBウォレット、やるならどっち? 最近、人気急上昇中の「増える仮想通貨ウォレット」ですが、代表的なものとしてはWoToken、ICBウォレット、プラストークンがあります。 この中でも ...

-ICBウォレット, 仮想通貨

Copyright© InfoPost , 2019 All Rights Reserved.