今話題のICBウォレットやWoToken、プラストークンについて徹底解説!!

InfoPost

ICBウォレット 仮想通貨

ICBウォレットの提携先はホント?

更新日:

ICBウォレットの提携先は真実なの?

3週間ほど前、某ブロガーの方から当ブログへと注意喚起のメールが届きました。

そのメールにはこう書かれていました。

当方で、ICB Walletの調査を進めておりましたが、InterCoinCapitalの公式サイトのパートナー記載が嘘、騙しであることが判明しました。

某ブロガーいわく、提携先に問い合わせをしたら、そんな提携はしていないと回答をもらったというものです。

しかしそのブロガーはICBウォレット側には問い合わせをしていないので正確な情報を掴んではいないのですよね。

そこで、そのブロガーには調べることができない情報をここで公開しておきたいと思います。

 

ICBウォレットのサイトにあった提携先の意味とは?

ICBウォレットのサイトには数々の仮想通貨取引所が提携先として記載されていました。

しかし、これは私達の想像するような意味での提携先ではありません。

ICBウォレット側がアービトラージをやるためのAI(人工知能)をその掲載している取引所などに設置しているという意味での提携です。

しかしながら、日本人はそういうことで「提携」という言葉を使うことを認めない気質なのでホームページから提携先の削除要請がなされ、現在はホームページから提携先が削除されました。

中国では宣伝も兼ねて過大に表示するということがよくあります。

今となっては誰も叩かなくなったプラストークンでさえも昨年は過大に宣伝されてその度に各所から「矛盾してる」「嘘だ」などと叩かれていましたよね。

しかし日本人が散々叩いて貶めても、それに反してどんどんと発展していくプラストークンを見て、今やアンチはほとんどいなくなりました。

ICBウォレットも同じです。

国が違えば宣伝の仕方もモラルも常識も違います。

なので最初は何かにつけて叩かれることがあると思います。

今回は提携先の記載について叩かれましたが、これは運営側も落ち度として認め、ホームページから削除したということは評価に値すると思います。

まっとうな会社でないのであれば、そのまま掲載し続けるでしょうからね。

 

今始めるならプラストークンよりICBウォレットです

プラストークンは昨年の6月頃に日本で広まり始め、プラストークンの独自通貨PLUSコインは価値が何十倍へと跳ね上がり、それだけで億万長者になる方が続出しました。

仮想通貨市場が冷え込んでるなかでもここからさらにPLUSコインは価値を上げていくと思いますが、その上昇の伸びしろはそこまで大きくはないと思っています。

逆に、プラストークンと同様の機能を持ったICBウォレットでは、現時点においてまだICBコインの価格は上がっていません(1 ICBX=0.1USDT)。

すなわち伸びしろがたくさんあるわけです。

今はICBコインのICOをやっているような段階ですね。

2019年7月までにどれだけ多くのICBコインを集められるかが、爆益を得られるかどうかの秘訣になります。

2019年5月にICBコインに初値が付き、7月の取引所オープンと同時に価値が上昇、そして年内にはプラストークン同様にとんでもない利益を得られると私は思っています。

しかし現状では、ICBコインを手に入れるには日々の配当しか手段がありません。

すなわち入金することで手にいれるか、紹介者報酬でICBコインをもらうしかないわけです。

いち早く始めて、多くのICBコインを手に入れるようにしましょう!

 

当ブログからICBウォレットにご登録された方には、キャッシュバックやサポートなどの特典も付けていますので、もしご興味のある方は以下のリンクからご登録下さい。

参考ICBウォレットとは?

ICBウォレットを始めたいかたはこちら

参考ICBウォレット導入手順

 

人気記事

1

現在、ICBウォレットについて心配なさってる方も多いと思います。 原因、対策、再開時期については以下の通りです。 1.会社の方向(結論) まず、結論から言うと会社は十分な資金力とユーザーを確保していて ...

-ICBウォレット, 仮想通貨

Copyright© InfoPost , 2019 All Rights Reserved.