今話題のICBウォレットやWoToken、プラストークンについて徹底解説!!

InfoPost

ICBウォレット 仮想通貨

ICBウォレットのフィッシングサイトに注意!

投稿日:

ICBウォレットのフィッシングサイトが出現

2019年5月、ICBウォレットのフィッシングサイトが出現しました。

被害も出ている模様です。

ICB walletの公式サイトは

https://icbwallet.com/

というURLですが、フィッシングサイトのほうでは【icbwallet】の【i】が【l】になっていて

Icbwallet.com

となっているようです。

このフィッシングサイトでログインするとユーザー名とパスワード等を盗み取られてしまいます。

当然、このサイト内でご入金をしてしまうと永遠に取り戻せません。

そのため、ログインするときは必ず「お気に入り」「ブックマーク」から行くようにして下さい。

ブックマークする際も、文字を一つ一つ確認し、正規のサイトをブックマークしてるかどうか確認する必要があります。

必ず、https://icbwallet.com/ となっているかどうか確認してからやってください。

運営ICCからの警告文はこちらです。

そうは言ってもどこに気を付けるべきか分からないという方は、ログイン画面のところで打ち込む検証コードが【703673】かどうかだけでも見ておくといいと思います。

【703673】だったらフィッシングサイトですので、すぐに立ち去りましょう!

フィッシングサイトにログインしてしまった場合は、すぐに立ち去り、正規のサイトでパスワードの変更をして下さい。

 

フィッシングサイトについて

フィッシングサイトでは、本物と見分けがつかないような偽アドレスに誘い込む手口が多いです。

今回は【icb】【lcb(エル・シー・ビー)】となっているアドレスでしたが、今後は【wallet】【wa11et】【wollet】になっているものなど、いろいろと出てくると思います。

また、フィッシングサイトではセキュリティの高い【https://】ではなく【http://】となっているところが多いため、こういうところも見分けるポイントになるかもしれません。

公式サイトだと思ってブックマークしたサイトがフィッシングサイトだったという例もありますので、ブックマークする際は必ず正規のサイトかどうか一文字ずつ丁寧に確認してからやって下さい。

アルファベットの間違いはないものの、アルファベットの上に本来は無いような点がついているだけという紛らわしいフィッシングサイトも存在しますので。

たとえば【wallet】じゃなくて【wallét】のような感じですかね。

大事な資産を守るために注意していきましょう!

 

ICB walletに登録しよう

今回、フィッシングサイトの標的にもなったICB walletですが、それだけ認知されてきたということでもありますね。

でも日本ではまだまだ登録者数が少なく、これから広がっていきそうかなという段階です。

先行者利益を狙って、早めに始めていきましょう!

当ブログからご登録して下さったかたには、キャッシュバックやサポート等をしておりますので安心してご登録ください。

詳しくは以下の記事からお願い致します。

参考ICBウォレットとは?

 

 

人気記事

1

現在、ICBウォレットについて心配なさってる方も多いと思います。 原因、対策、再開時期については以下の通りです。 1.会社の方向(結論) まず、結論から言うと会社は十分な資金力とユーザーを確保していて ...

-ICBウォレット, 仮想通貨

Copyright© InfoPost , 2019 All Rights Reserved.