今話題のICBウォレットやプラストークンについて徹底解説!!

InfoPost

ICBウォレット 仮想通貨

ICBウォレットとは?その全てを徹底解説します!【仮想通貨の次世代Plus Token】

更新日:

ICBウォレットとは?

ICBウォレットは2018年11月から中国で流行しだしたアービトラージのお財布です。

プラストークン(Plus Token)ウォレットと同様の機能を持っており、ICBウォレットに指定の仮想通貨を入れておくことで毎日0.4%の配当を得ることができます。

ただし、2019年2月1日以降に始めた方は毎日0.35%の報酬になります。

また、ICBウォレットはWebブラウザ上にあるお財布なのでアプリではありません。

そのため、ダウンロードやインストールも必要ありません。

当ブログからICBウォレットに登録して入金して下さったかたには、運用中の完全サポートとキャッシュバックをお約束します。

詳しくはこちらへ

 

ICBウォレットとプラストークン(Plus Token)の違いは何?

ICBウォレットもプラストークンも毎日配当の貰えるウォレットです。

そこで、この2つのウォレットについて違いをまとめてみました。

ICBウォレットはインストール不要のウォレット

プラストークンはスマホのアプリですが、ICBウォレットはWEB上にウォレットがあります。

これについては、どちらのほうが良いということはありません。

ただ、プラストークンは日々アップデートを続けているため、比較的短い期間で何度もアプリのバージョンアップを行っています。

そのため、新しいバージョンがリリースされるたびに一部のスマホで「アップデートできない」「アプリがインストールできない」などの不具合の声が聞こえてくるんです。

これが自分に起きたら焦りますよね。しかしICBウォレットの場合はその心配がありません。

 

ICBウォレットの最低入金額・運用額は?

ICBウォレットは最低入金額が1,000ドルぶんの仮想通貨となっています。

プラストークンが500ドルぶんの仮想通貨だったことを考えると敷居は高いかもしれません。

また、仮想通貨は価値の乱高下が激しい特徴があるため、現在1,000ドルぶんの価値があってもICBウォレットでの運用中に運用額の時価が1,000ドルを割ってしまうことがあるかもしれません。

つまり、配当で枚数は増えてるけど仮想通貨の時価の下落のほうが激しくて最低入金額の1,000ドルを割ってしまった場合です。

例えばこれがプラストークンの場合であれば、最低入金額の500ドルを割ってしまった時点で運用が止まります。

しかし、ICBウォレットの場合は最初の入金額で1,000ドルを満たしていれば、その後、どんなに時価が下がっても運用が止まることはありません。

また、仮想通貨は価値が変動しやすいのが特徴です。

そのため、仮想通貨で運用するのではなく、法定通貨のドルで運用したいという方もいるかもしれません。

そんな方にもICBウォレットは最適なんです。

何故かというと、プラストークンとは違い、ICBウォレットでは運用通貨としてUSDTにも対応しているため、仮想通貨の価値の乱高下には全く左右されない運用が可能だからです。

ポイント

USDTは、アメリカドルの価値に連動した仮想通貨で、1ドル=1USDTとなっており、この等式が崩れることは基本的にありません。

USDTで運用したいときは、仮想通貨取引所「バイナンス」でUSDTを買いましょう。

参考バイナンスの登録

バイナンス登録のQRコードはこちら

  1. 日本の取引所で仮想通貨BTCかETHを買う
  2. バイナンスに送金
  3. BTCかETHでUSDTを買う
  4. USDTをICBウォレットに送金

という手順です。

 

ICBウォレットとPlus Tokenウォレットの運用対応通貨は何?

ICBウォレットでの運用対応通貨

BTC・ETH・BCH・XRP・USDT・LTC・EOS・NEO・ADA・ETC・BSV

上記の中で注目すべきはADAUSDTが入ってることでしょうね。

Plus Tokenウォレットでの運用対応通貨

ETH・BTC・LTC・DOGE・BCH・XRP・DASH・EOS

 

ICBウォレットの出金手数料は?いつでも出金できるの?

ICBウォレットでの出金は、いつでも可能です。

ただし、運用開始から90日以内に出金すると5%の手数料がとられます。

プラストークンの場合は28日以内に出金すると5%、29日以降は1%の手数料でした。

そう考えるとICBウォレットのほうが(出金できるとはいえ)拘束日数は長いですね。

とはいえICBウォレットもプラストークンも30日間ぐらい預けておけば、手数料を差し引かれても利益が出るようになります。

 

ICBウォレットを今始めれば、先行者利益が莫大になる!

ICBウォレットは、2019年1月現在、プラストークンよりも先行者利益を得やすいウォレットになっています。

というのも、プラストークンの場合は既にたくさんの人が導入しているため、誰かを新しく招待するということが難しいんですよね。

しかし、ICBウォレットはまだほとんどの日本人が導入していません。

中国では流行していますが、日本ではまだまだ全然です。

ということは、紹介できる相手がたくさんいることになるので、先行者利益が莫大なものになります。

また、プラストークンとは違って人気のADAにも対応していますし、USDTのような価値の安定した仮想通貨でも運用できるのが大きなメリットとなっているため、プラストークンより紹介しやすい特長があります。

 

ICBウォレットはプラストークンより導入しやすい

プラストークンで運用するときは、アプリ内で顔認証をする必要があり、さらにはパスポート番号(運転免許証やマイナンバーも可)、電話番号を入力する必要があります。

それだけならまだ良いのですが、プラストークンを他の人に勧めるときは必然的に不特定多数の人に自分の電話番号を公開することになります。

これだと「やりたくない」と思ってしまう方もいるでしょう。

自分の資金だけで運用するつもりなら問題ありませんが、プラストークンで紹介報酬も欲しい場合は電話番号の公開が必須となってしまいます。

しかしICBウォレットの場合は紹介するにあたって電話番号は必要ありません。

顔認証もパスポート番号も不要なため、誰でも手軽に始められるというメリットがあります。

 

ICBウォレットとプラストークンの配当の違い

プラストークンは、毎日の配当がPLUSコインで振り込まれます。

すなわち、XRPなどで運用していてもPLUSコインで振り込まれるため、XRPの枚数がどんどん増えていくわけではありません。

XRPに両替するためには0.2%の手数料を支払ってPLUSをETHに両替し、そのETHを他の取引所などに出金(送金)してXRPを購入するという面倒な手順を踏まなければなりません。

しかし、ICBウォレットの場合は配当が以下のようになっています。

  • 運用している通貨での振り込み 70%
  • ICBコインでの振り込み 30%

すなわち、10,000XRP預けていたら

  • 10,000XRP×0.4%×70%=28XRP/日
  • 10,000XRP×0.4%×30%=12XRP相当のICBコイン/日

が毎日振り込まれることになります。

ただし、今はまだ増えたぶんの金額を自動的に複利に回すということはできません。

そこは今、運営側との交渉中です。

この交渉が成立すれば、プラストークンと違って複利運用を非常にラクに行えることになりますね。

注意ポイント

2019年1月現在、ICBコインには価値がついていません(2019年4月に価値がつきます)。そのためICBコインが毎日配当されても、きちんとした価値がつく2019年4月までは使い道のないコインとなります。ICBコインに価値が付いた時点で他の仮想通貨と交換可能になります。

 

ICBウォレットにいれておくと株主配当が貰える

ICBウォレットでは、270日間(9ヶ月)仮想通貨を預け入れておくと、預け入れ金額の2倍相当の株主配当がもらえます。

またICBウォレットでは270日まであと何日かということがカウントダウンで表示されています。

ただし、この配当が2倍貰えるのは2019年2月28日までに入金した方のみです。

2019年3月1日以降にICBウォレットを始め、入金した方は2倍ではなく1倍になりますので注意して下さい。

 

ICBウォレットで運用したい場合は?

ICBウォレットは登録が簡単なため、簡単なマニュアルがあれば特に詳しい手順書などは必要ないと思います。

そこで、まずは以下のマニュアルをダウンロードして下さい。

ICBウォレットの完全マニュアル

 

ICBウォレットの登録は以下から行って下さい。当ブログから登録した場合は、トラブル時のサポートやキャッシュバックを致します。

注意ポイント

ICBウォレットの登録をしたら72時間以内に入金しないとID等が無効になります。また、春節休日の為、2019年2月1日〜2月7日の期間、入出金を停止致します。(2月8日より通常営業)。尚、毎日の配当は停止しませんので安心してご利用下さい。

注意ポイント

ETHのハードフォークに伴い、ETHに関しては2019年1月14日~2019年1月18日までの間、入出金および配当も停止しますのでご注意下さい。他の通貨に関しては問題ありません。

登録ICBウォレット登録サイト

↓QRコードで登録する場合はこちら↓

 

これだけでも十分だと思いますが、上記のマニュアルだとよく分からないという方は、以下のリンクで詳しく説明していますので参考になさって下さい。

参考ICBウォレット登録手順

 

ICBウォレットを使うと4つの特典が貰えます!

当ブログからご登録して下さった方には4つの特典をご用意しています。

ただ、以下の特典を受けるかどうかは任意となっております。どの特典が欲しいかをご記載のうえ、当方までご連絡下さい。

例)全ての特典を希望します。

特典①

入金が反映されない、出金ができない、配当が反映されない等のアカウントの不具合が起きたときや、ICBウォレットに関して質問等があった場合にサポートを致します。

当方は運営と直接コンタクトを取ることができる立場にいます。また、どのタイミングで何をしたら良いかなどもお伝えします。

特典②

ICBウォレットの導入マニュアルをプレゼントします。マニュアル内の紹介者コードをあなたのIDに書き換えたものをお渡しします。

特典③

ICBウォレットで1ヶ月間運用した方にはキャッシュバック致します(1回のみです)。

当ブログ経由でICBウォレットに登録したら72時間以内に仮想通貨をICBウォレットに入金して下さい。

入金後、キャッシュバック申請をして下さればキャッシュバック致します。

キャッシュバック額は、入金額の5%です。

10,000XRPを入金した場合は、500XRPがキャッシュバック額となります。

ICBウォレットでは、最低入金額が1,000ドルぶんの仮想通貨となっているため、最低でも5,000円以上はキャッシュバックされる計算になります。

10,000ドル以上の入金であれば5万円以上のキャッシュバックになります。

ただし、2月末までの特典として、20,000ドル以上をご入金された方に関しては1ヶ月後に8%のキャッシュバックを致します。

申請する際は、ユーザー名をお書きのうえ、お問い合わせフォームからご連絡下さい。

また、キャッシュバックについては原則としてICBウォレット間での振替で行います。

↓実際にキャッシュバックした画面↓

そのため、当ブログ経由でICBウォレットを始めると、最初の1ヶ月は合計で入金額の17%~20%の報酬を得ることができます。

特典④

まだ確定ではありませんが、3月からは当ブログからの直接のご登録者様に対して嬉しい特典をご用意する予定です。

 

人気記事

1

ICBウォレットとは? ICBウォレットは2018年11月から中国で流行しだしたアービトラージのお財布です。 プラストークン(Plus Token)ウォレットと同様の機能を持っており、ICBウォレット ...

2

【次世代プラストークン】ICBウォレット(ICB Wallet)とは? 現在、日本で大流行中のプラストークンですが、プラストークンと同じ機能を持ったお財布が誕生しました。 それはICBウォレットです。 ...

3

ICBウォレットの報酬率が変わることが決定しました。 ICBウォレットは、入金額に対して日利0.4%が貰える高配当のウォレットですが、この日利0.4%の配当は2019年1月31日までに入金した人だけが ...

4

アジアで人気爆発中のアプリ【 17Live 】って何? 今現在、アジアで人気が爆発中の配信アプリ【 17Live 】をご存知ですか? これは台湾発のアプリで、最初は画像や動画投稿機能しかなくあまり人気 ...

5

DokiDoki Live(ドキドキライブ)は普通にやったら稼げない 今話題のライブアプリ【DokiDoki Live(ドキドキライブ)】をご存知ですか? 生放送をしながら同時にお金も稼げてしまうとい ...

6

手術せずに包茎を治す方法 これは、当ブログ管理人が仮性包茎を治した方法です。 ただし、真性包茎やカントン包茎の場合には効果がないので、あくまで仮性包茎を治した方法であることをご了承下さい。 また、私は ...

-ICBウォレット, 仮想通貨

Copyright© InfoPost , 2019 All Rights Reserved.