今話題のICBウォレットやWoToken、プラストークンについて徹底解説!!

InfoPost

ICBウォレット 仮想通貨

ICBウォレットは仮想通貨の健全な運用をしています

更新日:

ICBウォレットでは、参入者を制限している

ICBウォレットでは、一人当たりの運用額には特に上限が設けられていません。

すなわち、いくらでもICBウォレットに預け入れることが可能です。

しかし、ICBウォレット全体での運用額には制限があるため、各通貨の空き状況を見ながら投資することになります。

ビットコインで言うなら、2018年12月は利用者全体で最大1,200BTCまで預け入れることが可能で、現在までに約664万BTCが預け入れられています。

上の画像を見て貰えると分かりますが、半数以上の仮想通貨で残りの枠が少なくなってきていますね。

もちろん誰かが出金や解約をしたりすれば、そのぶん枠に空きが出ますのでその枠に他の人が資金を入れることは可能です。

では何故、ICBウォレットはこのような枠を作っているのでしょうか?

その理由は運営側がこうアナウンスしています。

絶対に配当ができるという範囲内でしか運用しないから

こういうところは非常に健全で安心できますね!

とは言うものの、プラストークン同様に紹介制をとっているICBウォレットで、残りの枠がこんなに少なかったらあまり広まらないんじゃないか?という疑問も生まれますよね。

でもそこは安心して下さい。

この枠は毎月の初めに全てリセットされてゼロに戻ります。

より多くの人にICBウォレットを利用してもらうには、より多くの人にICBウォレットを知ってもらわなければなりません。

より多くの人に知ってもらうためには、より長い期間が必要になります。

初めから見境いなく募集してしまうと、たくさんの人に広まる前に資金が集まり過ぎてしまいます。

ICBウォレットの運営は、より多くの人にICBウォレットを知ってもらうことを望んでいるので、投資枠を設けて入金額を制限し、徐々に広めていくスタンスをとっています。

また、2019年4月にはICBウォレットの仮想通貨取引所ができるので、そこからさらにICBウォレットは発展していくでしょうね!

 

ICBウォレットをすぐに始めるメリットはあるの?

ICBウォレットでは270日間、仮想通貨を預けていると、預け入れ額に応じた株主配当をもらうことができます。

注意ポイント

2019年2月28日午前8時30分までに入金が完了した場合は、入金額の2倍相当の株主配当が貰え、それ以降に入金したものについては1倍相当の株主配当が貰えることになります。

この株主配当ですが、ICBウォレットの運営ICCの株式での配当になります。

この株式もまた、他の仮想通貨に交換可能なものなので、いわゆるボーナスみたいなものですね!

270日間預け入れておくというのはかなりの長期間になると思うので、早いうちに預け入れておいたほうが良いでしょう。

そういえば以前、コインチェック事件のときに、あれほどの巨額の支払いをコインチェックは完済することができましたよね。

この事件によって、仮想通貨取引所は凄く儲かるということが世間に広まりました。

ICBウォレットも同じです。まずはICBウォレットで利用者を募り、2019年6月にICBウォレットの取引所ができたら、その取引所の収益でさらなる発展をしていこうという戦略です。

こういうのはいち早く参入した人が一番利益を上げられるシステムになっています。

ICBウォレットを使うなら今ですよ!

 

健全運営のICBウォレットを使うなら?

ICBウォレットを利用する場合は、以下のリンクからお願い致します。

当ブログから登録された方のみ、ICBウォレットについてのサポートを致します。

ICBウォレットの裏情報提供は勿論のこと、システムの問題で入金が反映されない、出金ができない等のトラブルが万が一発生したときは対応処理致します。

また、登録マニュアルもありますので、そのマニュアルを見ながら登録するのが確実だと思います。

登録ICBウォレット登録はこちらから

 

登録マニュアルは以下のリンクからダウンロードして下さい。

参考ICBウォレット登録マニュアル

 

マニュアルでは分からない場合は以下のリンクで詳しく説明しています。

参考ICBウォレット登録手順

 

ICBウォレットについて詳しく知りたい場合は、以下のリンクも参考になさって下さい。

参考ICBウォレットとは?

 

 

人気記事

1

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

2

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

3

ICBウォレットとは? ICBウォレットは2018年11月から中国で流行しだしたアービトラージのお財布です。 プラストークン(Plus Token)ウォレットと同様の機能を持っており、ICBウォレット ...

4

ICBウォレットでの運用結果を公表! まだ日本に来て間もないICBウォレットですが、中国では2018年11月からICBウォレットが流行りだしています! 今回は、そんなICBウォレットでの運用結果を載せ ...

5

WoTokenウォレットとは? WoTokenは2019年3月4日に日本に初上陸したアービトラージウォレットです。 これまでにアービトラージウォレットではPlus TokenやICBウォレットを当ブロ ...

6

WoTokenの運用実績を公開 2019年3月4日に日本で初公開となったWoTokenですが、まだまだ生まれたばかりのため不安に思う方もいるはずです。 そこで、実際に運用していった結果をここで公開して ...

7

WoTokenとICBウォレット、やるならどっち? 最近、人気急上昇中の「増える仮想通貨ウォレット」ですが、代表的なものとしてはWoToken、ICBウォレット、プラストークンがあります。 この中でも ...

-ICBウォレット, 仮想通貨

Copyright© InfoPost , 2019 All Rights Reserved.