今話題のICBウォレットやWoToken、プラストークンについて徹底解説!!

InfoPost

ICBウォレット 仮想通貨

ICBウォレットで振替送金するときのメリット・デメリット

更新日:

ICBウォレットではユーザー間での振替送金ができる

ICBウォレットでは、ICBウォレットのユーザー間で振替送金することができます。

使う機会はあまりないと思いますが、他のユーザーに対して手持ちの通貨を即時で送金することが可能です。

注意)振替送金機能は2019年5月13日以降、使用できなくなります(仕様変更)。

 

振替送金のメリット

  • 送金手数料が無料
  • 送金から着金までが一瞬
  • 家族でそれぞれアカウントを持ってるときに、配当を1つのアカウントにまとめることができる(複利投資をする際に活用)

 

振替送金のデメリット

受取側はアクティベーションウォレット(アクティビティウォレット)に振り込まれるため、振り込まれた通貨を出金することができない。

  • コミッションウォレット=出金できる(換金可能)
  • アクティベーションウォレット=出金できない(複利投資用)

振替送金で受け取る場合は、受け取った通貨を複利投資に回すということが前提になっています。

ただ、複利投資は最低1,000ドルから可能となっているので敷居はかなり高めです。

配当で1,000ドル貯めるのはかなり大変なので、1,000~5,000ドルで資金を運用している方は振替送金してもらわないほうがいいかもしれません。

アクティベーションウォレットの残高は運用されるわけでもなく、出金できるわけでもないので、ただ邪魔なだけなんですよね。

注意ポイント

アクティベーションウォレットの残高は投資パッケージの終了によって出金することは可能です。

 

ICBウォレットでの振替送金のやり方は?

ICBウォレットでの振替送金のやり方は以下の通りです。

【ウォレット】→【振替】

【確認】を押してPINコードを入力すれば完了です。

すぐに送金完了のSMSが届きます。

 

振替送金ができないときの対処法

存在するユーザー名を入力したにもかかわらず、以下のように表示されて送金に失敗することがあります。

これは、パソコンから操作すると起きる現象でもあるので、この場合はスマートフォン等をつかって振替をしてください。

※以前はユーザー名を入力した時点で、送金先のアカウントが存在するかしないかの判定が行われていて便利だったのですが、その即時判定がなくなりました。

 

ICBウォレットに登録しよう

ICBウォレットにご興味のあるかたは、以下のリンクからご登録をお願い致します。

様々な特典をご用意してお待ちしております。

参考ICBウォレットとは?

 

 

人気記事

1

現在、ICBウォレットについて心配なさってる方も多いと思います。 原因、対策、再開時期については以下の通りです。 1.会社の方向(結論) まず、結論から言うと会社は十分な資金力とユーザーを確保していて ...

-ICBウォレット, 仮想通貨

Copyright© InfoPost , 2019 All Rights Reserved.