今話題のICBウォレットやWoToken、プラストークンについて徹底解説!!

InfoPost

ICBウォレット 仮想通貨

ICBウォレットでUSDTを出金するときの注意事項

更新日:

USDTのアドレスは主に2種類ある

USDTのアドレスは、ビットコインのブロックチェーンを使ったOmniと、イーサリアムのブロックチェーンを使ったERC20の2種類があります。

同じUSDTでもOmniとERC20は別物のため、OmniからERC20へは送金できませんし、ERC20からOmniへも送金できません。

ゲームで例えていうなら、同じドラクエというソフトでもスーファミ版とDS版とプレステ版では互換性がなく、データのコピーもできないのと一緒です。

話が戻りますが、Omniはビットコインのブロックチェーンを使っているため、アドレスの最初の文字は【1】か【3】で始まります。

それに対し、ERC20のほうはイーサリアムのブロックチェーンを使っているため、アドレスの最初の文字は【0】で始まります。

 

仮想通貨取引所のUSDTはOmni?ERC20?

仮想通貨取引所で扱うUSDTがOmniなのかERC20なのか、それは実際にその取引所で調べてみないと分かりません。

仮想通貨取引所の最大手、バイナンスではずっとOmniのUSDTでしたが、2019年7月4日にOmniからERC20へと変更され、Omniとして預けていたUSDTも自動的にERC20へと変更されました。

一応、バイナンスの旧OmniアドレスにOmniのUSDTを送金すると、バイナンス側ではERC20のUSDTとして残高に反映される仕組みになっているので、バイナンスの旧Omniアドレスが分かっているのであればそこに送金するという方法もあります。

 

ICBウォレットのUSDTはOmni?ERC20?

ICBウォレットやIntercoinXのUSDTはOmniです。

今後、もしかしたらOmniからERC20へと変更されるかもしれませんが、2019年7月の時点ではOmniとなっています。

このため、ICBウォレットでUSDTを運用している方は気を付けなければなりません。

バイナンスのUSDTがOmniからERC20に変更になったことを知らずにIntercoinXからバイナンスへUSDTを送ってしまうと、USDTは消滅してしまいます。

エラーで送金がキャンセルされるならいいのですが、送金されてしまったらアウトです。

このUSDTの送金間違いは個人の過失のため、ICBウォレット側では補償してくれません。

十分に注意するようにしましょう。

 

IntercoinXからUSDT(Omni)を送金してBTCで受け取る方法

IntercoinXのUSDTはOmniです。

このOmniのUSDTを換金する簡単な方法を以下に載せておきます(スマホでは上手く表示されないので、PC版サイトとして開いてください)。

注意ポイント

IntercoinXからの出金は時間がかかることが多く、着金までに24時間ぐらいかかるときがあります。下記のウィジェットで申請をしてから36時間以内にIntercoinXから送金が実行されないとキャンセル扱いになってしまうので注意してください。

以下のサイトでも換金できます。

換金サイトChangelly

使い方としては、上記のウィジェットで送金したいUSDTの枚数を入れると受け取れるBTC等の枚数が表示されるので、それを確認したら【EXCHANGE】を押します。

【BTCの受取アドレス】と【Eメールアドレス】を入力したら【PROCEED】を押下。

画像認証をクリアすれば送金先のUSDTアドレスが表示されます。

このUSDTアドレスが【1】か【3】で始まるアドレスなのを確認して送金すれば、だいたい30分ほどでBTCが入金されます。

 

ICBウォレットを始めよう

ICBウォレットは、運営のやってることや目標などが明確で、その目標に向かってることも肌で感じることができる安心感のある案件です。

当ブログからご登録してくださった方には情報配信やキャッシュバック等も行っていますので、以下の記事からご登録くださると嬉しいです。

参考ICB walletとは?

 

 

人気記事

1

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

2

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

3

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

4

    ICBウォレットとは? ICBウォレットは2018年11月から中国で流行しだしたアービトラージのお財布です。 プラストークン(Plus Token)と同様の機能を持っており ...

5

ICBウォレットでの運用結果を公表! まだ日本に来て間もないICBウォレットですが、中国では2018年11月からICBウォレットが流行りだしています! 今回は、そんなICBウォレットでの運用結果を載せ ...

6

WoTokenウォレットとは? WoTokenは2019年3月4日に日本に初上陸したアービトラージウォレットです。 これまでにアービトラージウォレットではPlus TokenやICBウォレットを当ブロ ...

7

WoTokenの運用実績を公開 2019年3月4日に日本で初公開となったWoTokenですが、まだまだ生まれたばかりのため不安に思う方もいるはずです。 そこで、実際に運用していった結果をここで公開して ...

8

WoTokenとICBウォレット、やるならどっち? 最近、人気急上昇中の「増える仮想通貨ウォレット」ですが、代表的なものとしてはWoToken、ICBウォレット、プラストークンがあります。 この中でも ...

-ICBウォレット, 仮想通貨

Copyright© InfoPost , 2019 All Rights Reserved.