仮想通貨 超優良FXトレード

不労所得の作り方!リアルに稼いでセミリタイアしよう!

2020年5月1日

不労所得を得るのは難しい?

「不労所得で生活する」

この言葉は皆が憧れる生活スタイルです。

不労所得という言葉は様々な投資案件・詐欺案件で使われる言葉ではあるのですが、実際に不労所得を得られる案件は正直そんなにありません。

勿論、ハイプ(HYIP)案件などを利用すれば入金するだけで毎日配当が貰えたりするので不労所得にはなるのですが、年単位で継続してるものはほとんどありませんし現実的ではありません。

また、資産運用で「お金に働いてもらう」という言葉もよく目にしたりしますが、実際、資産運用で損をせずに継続的に利益を出し続けられている人って本当にいるのでしょうか?

私も10年ぐらい前からFX、株、バイナリーオプション、仮想通貨、投資信託など色々なものに手を出してきましたが結局はダメでした。

この中でほぼ100%の確率で利益だけを生み出せるものはIPOぐらいなものです。

以下のサイトでIPO銘柄の評価を見て、評価がB以上の銘柄の抽選に申し込み、当選したらそれを売って利益を得るといった方法です。

参考IPOゲッターの投資日記

ただ、IPOの抽選はなかなか当たるものではありません。

手持ちの資金が数十万円とか数百万円程度では、年間を通しても1~3回当選するかしないかです。

特にAランクのIPOについては当選確率0.1%とかそれ以下の可能性もあります。

IPOはほぼ間違いなく損せずに儲かる反面、ほとんど当たらないので資金運用効率が悪く、不労所得を毎月得るという目的からは程遠いものになります。

 

不労所得の現実的な作り方

当ブログでお薦めする不労所得の作り方は、ハゴールFXで資産を運用するやり方です。

やることは簡単で手持ちの資金を入金するだけです。それだけでトレードが始まり、毎日利益を得られます。

出金はいつでも可能ですし、入金先のFX業者が倒産しても資金は完全信託保全されているので1円も失うことはありません。

また、運用利益は出金しなければそのまま複利運用されますので、1年間放置すれば10万円が90万円になり、そのまま2年間放置すれば795万円になります。ちなみに一切出金せずに4年間放置すると10万円が6億3,000万円になります。

勿論これは理論上の計算なので、捕らぬ狸の皮算用と言われても仕方がないのかもしれませんが、

  1. 年単位の長期で運用できる
  2. 月間ベースで無敗の実績
  3. 難しいコロナ相場でも無傷の月利30%超え
  4. 入金先のFX業者が倒産しても完全信託保全
  5. 今まで辞めた人がいない
  6. 出金はいつでも可能
  7. ゼロカット採用なので万が一でも追証なし

これらを全て満たせる運用先はなかなかあるものではありません。

さすがに10万円の入金で1年目から「不労所得でセミリタイア」とは言えませんが、1年3ヶ月後からはセミリタイアできます。

100万円の入金であれば、3ヶ月後から「不労所得でセミリタイア」できます。

200万円の入金なら初月から「不労所得でセミリタイア」できます。

一応、個人的にお薦めなのは入金後、4ヶ月間は何もせずに放置して元金を2倍にすることですね。

計算上では出金しなければ4ヶ月間で2倍になるからです。2倍になったら利益ぶんを残して元金を全額出金します。

そうすればリスク無しで不労所得が永続的に得られます。

ハゴールFXはMLMではないので、運営が飛ぶんじゃないかとか、そんな心配を抱えながらの運用ではありません。

投資なのでリスクは付きものですが、これほどまでに安心して投資できる運用先はありません。

なので、読者様には投資先の候補として是非ともハゴールFXを取り入れて、その良さを実感しながら不労所得を得て欲しいと思っています。

ハゴールFXの利益率については以下に載せておきますのでご覧くださいませ。

参考ハゴールFXの利益率

 

参考他のFX案件とハゴールFXを比較してみた

 

 

おすすめ記事ランキング

TLC×IBH銀行とハゴールFXで利益率の違いを比較してみた!

人気記事

1

はじめに 多くのインフルエンサーが紹介しているTLC×IBH銀行。 当ブログでもTLC×IBH銀行はお薦めとして紹介してきました。 しかし、これを遥かに上回る超優良FX案件として【ハゴールFX】が20 ...

2

はじめに この記事はTLC×AVAの新商品【GWF】をお勧めするものではありません。 新商品GWFには投資する価値があまりないと思うからです。 当ブログでは、このGWFよりも遥かに条件の良いハゴールF ...

-仮想通貨, 超優良FXトレード

© 2020 InfoPost