今話題のICBウォレットやWoToken、プラストークンについて徹底解説!!

InfoPost

WoToken 仮想通貨

WoTokenでの出金方法

投稿日:

WoTokenウォレットでの出金方法

WoTokenで出金する際は、配当で得られたWORをETHに両替し、そのETHを出金するという手順になります。

今後はETH以外の通貨にも両替できるようになるのかもしれませんが、現在はETHのみ対応となっています。

それでは、順に解説していきます。

 

WoTokenで出金先のETHアドレスを登録する

まず最初に出金先のETHアドレスを登録しておく必要があります。

メニュー【本人】【引き出しアドレス】

【引き出しアドレス追加】を押す。

出金先のETHアドレスを入力して【確定】を押す。

支払いパスワードを入力し【確定】を押す。

出金先の登録が完了しました。

 

WoTokenウォレットから登録アドレスへの出金方法

まずは、WORをETHに両替します。

メニュー【資産】【両替】

今回は2,040WORをETHに両替することにします。

金額と支払いパスワードを入れて【確定】を押す。

このときに注意したいのが、2,040WORから手数料の2%(40.8WOR)を差し引いた金額がETHに両替されるということです。

すなわち、両替できるのは上記の場合だと実質1,999.2WORということになります。

ETHに両替されました。

先ほどの両替画面では780.3ドルと書いてあっても、手数料が引かれているので764.694ドルになっていますね。

今度はETHを全額出金します。

ETHのところで【引き出し】を選択。

【引き出しアドレス】を選択したら、出金額を入力します。

このとき、出金手数料として3ドルぶんのWORが口座残高から引かれます。

すなわち、口座残高には3ドルぶんのWORがないと出金できないことになります。

【認証コードを取得します】を押して、数字を入力します。

【確定】を押すとSMSが届きます。

SMSで届いた認証コードを入力して【確定】を押す。

今度は支払いパスワードを入力する画面になります。

支払いパスワードを入力し、【確定】を押すと下の画面になります。

【引出しの申請を処理中】と出てくるので【確定】を押す。

3ドルぶんの送金手数料(7.8431WOR)が引かれた残高になっています。

出金申請から着金までにかかった時間は約2時間でした。

おそらくシステムの具合によって、着金までの時間は変動すると思います。

 

Wo Tokenを始めるには?

WoTokenに興味を持ったかたで、始めてみたい方は以下の記事からご登録下さい。

参考WoTokenとは?

WoTokenはウォレットアプリです。

まだまだシステム的に改善の余地がありますが、高利益を狙って稼いでいきましょう!

 

人気記事

1

現在、ICBウォレットについて心配なさってる方も多いと思います。 原因、対策、再開時期については以下の通りです。 1.会社の方向(結論) まず、結論から言うと会社は十分な資金力とユーザーを確保していて ...

-WoToken, 仮想通貨

Copyright© InfoPost , 2019 All Rights Reserved.